[プレスリリース] 実験用マウスはメラトニンを合成できないので合成できるようにした -時差ぼけ、成長、繁殖効率、消費エネルギーを調節-