「餓死するのではないか心配、まさに生き地獄」…韓国療養病院の悪夢が復活(1)